幸福の木として親しまれているドラセナも定期的な剪定が必要です。変色した葉や伸びた枝を取り除く「基本の剪定」と、崩れた樹形を元に戻す「切り戻し剪定」。これらの剪定で、ドラセナを美しく保つことができます。幸福の木の剪定方法と上手な育て方をわかりやすくご紹介します。
ドラセナが元気に育ちすぎてしまったら、剪定にチャレンジしてみませんか?植物をカットするなんて不安という方も、たくましいドラセナならきっと大丈夫です。せっかくのドラセナをより長く、より自分好みに楽しむために、剪定の基礎知識とドラセナの剪定方法をご説明します。 幸福の木がどんどん成長して2メートルを超え、とうとう天井に着いてしまいました。50センチくらいに切り分けて土に挿したら、無事根付いて成長しています。成功した挿し木の方法と幸福の木ドラセナの育て方を紹介します。

「幸福の木」と呼ばれて、みなさまに親しまれています。ドラセナ マッサンゲアナが学名で名前の由来は、ハワイの方で、家の前にドラセナを置いておくと良いことがあると言い伝えられて、「幸福の木」という名前がついたそうです。