交際費は損金不算入なので、交際費になるか会議費等になるか の判定はとても重要。 交際費は、得意先、仕入先、その他事業に関係のある者に対する 接待等の費用。 一人5,000円以下の飲食代は会議費になる。 ただし、一定の事項を記載した書類を保存し、 (趣旨) 第1条 この規程は、町長又はその代理の者が、円滑な行政執行のために町を代表して外部との交際をする上で必要な経費 (以下「交際費」という。 ) を支出する場合において、適正な運用を図るため、必要な事項を定めるものとする。 ベンチャー・中小企業が「交際費」を経費として損金算入できるルールをまとめました。「交際費は経費にならない?!」ということはなく、要件を満たせば、損金算入することができ、節税の効果があり … まず、「交際費が同業他社と比べて多額」と指摘された際の 反論方法ですが、法律を根拠に真っ向から反論してください。 措置法第61条の4第3項 第1項に規定する交際費等とは、交際費、接待費、機密費そ … 交際費となるかならないかによって税額が変わることがあるため、会社は交際費に過敏になりがちです。では、どのような場合には交際費となり、どのような場合にならないのか、判別しにくい例を挙げながら紹介していきます! 慶弔費は、取引先など社外に対するものと従業員や役員に対するものの二通りがありますが、それぞれ経理処理の方法に違いがあります。ここでは、慶弔費の経理処理の方法について、取引先に対するものと従業員や役員に対するものに分けて解説します。 これら①、②の要件を満たす場合には交際費として処理しなければならないとされています。 ちなみにこれは法人(会社)の場合。 個人事業者の場合には交際費という明文規定がないのですが、一般的には法人に準じて処理することが多いようです。