次に、include-from.txt ファイルを作成して、バックアップ対象と除外のパスを設定します。 バックアップ対象を以下のディレクトリとします。 作業は、クライアント側の Mac で行いますが、指定するパスはサーバー機(バックアップ元)のものとなります。 パソコンのファイルを自動でバックアップできるBunBackupというソフトをご存じでしょうか?BunBackupの使用環境やインストール方法、インストール後の初期設定とファイルの自動バックアップの仕方、機能表示設定の使い方まで幅広くご紹介していきます。 Linuxアプリケーションは、各ユーザーアカウントのホームフォルダ内の隠しフォルダに設定を保存します。これにより、アプリケーションの設定が、レジストリフォルダとシステムフォルダに分散しているWindowsよりも、バックアップとリストアがずっと簡単になります。 次に、include-from.txt ファイルを作成して、バックアップ対象と除外のパスを設定します。 バックアップ対象を以下のディレクトリとします。 作業は、クライアント側の Mac で行いますが、指定するパスはサーバー機(バックアップ元)のものとなります。 はじめに. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2) gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド SSHの設定と使い方 ネットワーク設定とNFSマウント. 前回までは, Linuxマシンのファイルバックアップを主に紹介してきました。 Baculaのバックアップはマルチプラットフォーム対応なので, Windowsのファイルバックアップも可能です。 一般のWindows PCのみならず, Windows Serverのファイルもバックアップできます。 自分仕様にカスタマイズができて、通信の軽いLinux。今回はこのLinuxのバックアップ方法2種類をわかりやすく解説していきます。また、バックアップ時に必要なソフトやツールについても簡単に解説していきます。 2種類のバックアップ方法 ネットワーク設定とNFSマウント.

ただし,設定をしているマシン上だけで有効なため静的な管理にしか対応できない。 $ cat /etc/hosts # Do not remove the following line, or various programs ファイルのバックアップをしたい [ 木田佳克, ITmedia] 万が一のハードディスククラッシュに備え,大切なファイルはバックアップしておこう。 夏の終わりは毎年テンションだだ下がりな nakamura です。みなさんこんにちは。 以前に データベースのバックアップ について書いた事がありますが、バックアップしておきたいものはもちろんそれだけではなくコンテンツ領域だったりサーバ設定ファイルだったり色々あると思います。 ネットワーク設定を行った後、dumpコマンドで出力するダンプファイルを保存するフォルダをNFSでマウントします。 # ifconfig eth1 192.168.0.10 # mount -o rw 192.168.0.90:/backup /mnt # df バックアップの実行 Linux上でファイルのバックアップしようと思って一番シンプルにするとなるとcpコマンドを使うことになるかと思います。まぁ、単純に$ cp foo barみた… LinuxとWindowsでcpコマンドによりファイルのバックアップを作成する場合、バックアップファイル名の末尾に日付_時間を付けるコマンドです。 (1) Linux版のコマンド ・設定ファイルのバックアップ手順 ・設定ファイルの復元手順 ・データベースのバックアップと復元の方法について ※ 以下の内容はIWSS 3.0 for Linuxの標準設定のパスで記載しております。 設定ファイルのバックアップ手順 1. ネットワーク設定を行った後、dumpコマンドで出力するダンプファイルを保存するフォルダをNFSでマウントします。 # ifconfig eth1 192.168.0.10 # mount -o rw 192.168.0.90:/backup /mnt # df バックアップの実行 dateコマンドでバックアップファイル名末尾に日付_時間を付ける. サーバ機内の必要なファイルを自動的、かつ定期的にバックアップを取る為の設定を紹介します。 具体的には、シェルスクリプトでバックアップする為のスクリプトを記述し、 cron で定期的にバックアップのスクリプトを実行させる様にします。