目次. そこで漢方薬はどうなのか?更年期障害で痩せにくくなっていることもあるでしょうし、漢方成分がいろんなことに効いてくれると嬉しいなと思い、徹底的に調べてみます! はら やばみ 漢方で痩せるってことができるのね?更年期肥満がどうにかなると嬉しいわ . この漢方薬を使う主な症状. 黄連解毒湯は、のぼせぎみで顔色赤く、イライラして落ち着かない傾向のあるような鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、血の道症、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎などに使われる漢方薬です。 更年期障害の薬物治療は、基本的に閉経期ホルモン療法と漢方薬を中心に行います。2018年2月現在、閉経周辺期に更年期症状の改善を目的として開始した閉経期ホルモン療法を続けることで、慢性疾患*予防のメリットも得られることがわかっています。 更年期障害とは 更年期とは閉経の前後5年間、計10年間のことです。 この時期は女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に減ってきます。 エストロゲンの減少により現れる多種多様な症状を更年期症状といいます。 そのうち、日常生活に支障があるものを更年期障害といいます。 更年期障害の症状を和らげるために、できるだけ薬を使わずにオーガニックなもので緩和しながら付き合っていきたい。そんなあなたには漢方薬を検討してみることをおすすめします。効果のある漢方薬や漢方薬の種類を紹介しているサイトです。